ログイン画面

アカウントとパスワードを入力してください。
アカウント:
パスワード:

2021-03-02 【重要】新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置について

歯学部学生 各位

外務省から下記通達がありましたので、お知らせします。

海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)
加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。

<誓約書について>
検疫所にて配布される書類です。入国後14日間の自宅等での待機、公共交通機関の不使用、LINEアプリ等での健康フォローアップ、地図アプリ機能等による位置情報の保存、保健所等から位置情報の提示を求められた場合には応ずること、接触確認アプリの利用等について内容をよく理解したうえで誓約書を検疫所へ提出してください。

2020-07-22 学生各位

★発熱など⾵邪症状がある場合は、絶対に無理せず学校を休むこと。
その後、必ず教学部(歯学部:046-822-8805、短期大学部:046-822-8781)に連絡してください。

★発熱等の⾵邪症状が治まって2⽇経過した場合に登校可能となります。

★本⼈のみではなく、同居している家族などについても、以下の場合は登校せず速やかに
教学部(歯学部:046-822-8805、短期大学部:046-822-8781)に連絡してください。

① 医療機関からコロナウイルスへの感染の疑いがあると診断された場合

② 保健所から濃厚接触者となる疑いがあるとされた場合

★下記症状がある場合は帰国者・接触者相談センターに相談の電話をかけて相談してください。
その後必ず教学部(歯学部:046-822-8805、短期大学部:046-822-8781)に連絡してください。

① 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、⾼熱等の強い症状のいずれかがある場合

② 基礎疾患(糖尿病、⼼不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある⽅や透析を受けている⽅、
免疫抑制剤や抗がん剤などを⽤いている⽅で、発熱や咳などの⽐較的軽い⾵邪の症状がある場合

③ 上記以外の⽅で発熱や咳など⽐較的軽い⾵邪の症状が続く場合症状が4⽇以上続く場合は必ずご相談してください。
症状には個⼈差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。
解熱剤などを飲み続けなければならない⽅も同様です。

・「帰国者・接触者相談センター」
(電話︓046-822-4308、平⽇︓8時30分〜20時00分、⼟休⽇︓9時00分〜17時00分、FAX:046-822-4874)「横須賀市HPより」

・複数の医療機関を受診することにより感染を拡⼤した例がありますので、複数の医療機関を受診しないでください。

・医療機関を受診する際にはマスクを着⽤するほか、⼿洗いや咳エチケット
(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、⼝や⿐をおさえる)
の徹底をお願いします。